image

転職した場合のビザ更新に必要な書類

転職した場合のビザ更新(「人文知識・国際業務」「技術」「技能」等)に必要な書類について、時々問い合わせを頂きますので、整理して掲載致します。
転職した場合は、ビザを変更する場合とほぼ同等の書類が必要になります。転職先の会社や、担当する職務内容について審査が必要となりますので、関係資料を提出します。

横浜入国管理局内 外国人在留総合インフォメーションセンターでの案内例

転職

申請人から
○在留期間更新許可申請書
○旅券、在留カード(提示)
○履歴書
○住民税の課税証明書・納税証明書

転職前の会社から
○退職証明書 ※おかだ事務所注)最近は求められなくなったようです

現在の会社から
(1) 案内書(パンフレット)
(2) 登記事項証明書
(3) 直近の決算書(損益計算書、貸借対照表)
  新規事業の場合には、今後1年間の事業計画書
*公刊物等で機関の概要が明らかになる場合は、(1)から(3)を提出する必要はありません。
 公刊物等の写しを提出して下さい。
(4) 新しい雇用先での具体的な活動の内容、期間、地位及び報酬を
  証する以下いずれかの文書
 ・雇用契約書の写し(職務内容、雇用期間、月額報酬等)
 ・辞令の写し
 ・採用通知書の写し
 ・上記に準ずる文書

インフォメーションセンターでの案内は上記の通りですが、「人文知識・国際業務」「技術」「技能」等の在留資格では、会社の上場状況や給与所得の源泉徴収額に応じてカテゴリー分けが行われている以上、上場を証する書類や法定調書合計表のコピーも提出した方が良いのではないかと考えます(当事務所で申請を取り次ぐ場合は、これらもご準備頂いております)。



このエントリーをはてなブックマークに追加




このページの先頭へ