image

ビザ更新許可申請「日本人の配偶者等(Spouse or Child of Japanese National)」

ビザ更新許可申請「日本人の配偶者等」の必要書類、申請書様式、記入例・書き方

「日本人の配偶者等」には下記2つのケースがありますが、ここでは(1)について記載致します。
(1) 日本人の配偶者(夫又は妻)である場合
(2) 日本人の実子・特別養子である場合



必要書類

  • 在留期間更新許可申請書
  • 写真(縦4cm x 横3cm) 1枚
  • パスポート及び在留カード(または在留カードとみなされる外国人登録証明書) 提示
  • 配偶者(日本人)の戸籍謄本(申請人との婚姻事実の記載があるもの)
  • 配偶者(日本人)の住民税の納税証明書(1年間の総収入、課税額及び納税額が記載されたもの。配偶者(日本人)が申請人の扶養を受けている場合等、上記資料を提出できないときは、申請人の住民税の納税証明書)【実務的には、申請人(外国人)、配偶者(日本人)いずれか収入が多い方の書類を求められます】
  • 配偶者(日本人)の身元保証書
  • 配偶者(日本人)の世帯全員の記載のある住民票の写し
法務省による公式案内は上記の通りですが、状況によって、「申請理由書」の提出を考えるべきと思われます。 なお、現在の在留期間中に再婚した場合は、上記書類では足りません。他の在留ビザから「日本人の配偶者等」ビザへ変更する場合と同等の書類が必要となります。質問書やスナップ写真も必要です。
(当事務所では、再婚のみならず、再々婚の方の許可実績もございます。お問合せ下さい)

申請書様式、記入例・書き方見本

  • 在留期間更新許可申請書様式「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」共通 (PDF) (Excel) ※2012年7月9日新様式

  • 記入例・書き方「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」共通 (PDF) ※旧様式
在留期間更新許可申請書記入例「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」共通

留意事項

  • 手数料:許可時に、4,000円の手数料が必要です(手数料納付書に収入印紙を貼って支払います)。
  • 日本で発行される書類は、すべて発行日から3ヶ月以内のものを提出します。
  • 在留期間満了後に不許可が見込まれる場合は、通常、入管より「申請内容変更申出書」の提出を促されます。申出書を提出することにより、ビザの更新ではなく変更へと取り扱いが変わり、「(出国準備のための)特定活動」ビザが付与されることとなります(定められた期間内での出国が必要となります)。

必要書類等は変更される場合もあります。詳細は法務省入国管理局サイトにてご確認下さい。



このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ