image

2012年4月アーカイブ

1  2


中国人向け「数次ビザ」、東北観光でも発給緩和

中国人向け「数次ビザ」、東北観光でも発給緩和
(2012年4月18日 日本経済新聞)

 政府は富裕層の中国人観光客向けに、3年以内ならば何回でも訪日できる「数次査証(ビザ)」の発給要件を緩和する。現在は最初の訪日中に沖縄県内で1泊することを要件にしている。7月からは岩手、宮城、福島の3県で1泊する場合でも発給する。東日本大震災で観光客数が大きく落ち込んだ東北地方に中国人観光客を呼び込み、被災地の復興につなげる狙いだ。

 「数次ビザ」を受けると、有効期間の3年以内なら何回でも日本に旅行できる。7月からは、最初の訪日中に沖縄に1泊するか、被災3県に1泊するかすれば数次ビザを受けることができる。数次ビザは1回の滞在期間は90日以内で、個人向け観光ビザ(30日間)の3倍。中国本土に7つある在外公館で、中国側の旅行会社を通じて申請を受け付ける。

 新たな要件の東北3県に1泊したかどうかは、日本側で中国人観光客の身元を保証する旅行会社が確認する。泊まっていないことが確認された場合には、数次ビザを取り消し、同じビザによる再入国を認めない。

 外務省は昨年7月から沖縄を訪れる中国人向けに初めて観光数次ビザの発給を始めた。その後の9カ月間で発給件数は1万4000件を超えた。前年と同じ時期の9カ月と比べると沖縄を訪れた中国人は40倍に膨らむなど大きな効果を上げたとされる。

 政府が東北向けの数次ビザを発給するのは、震災復興の現状を見てもらい、風評被害を防ぐ狙いも込めている。2011年に岩手県内の観光地を訪れた観光客は前年比で15%減った。福島県は11年度に前年度比で40%減った。沖縄の例のように観光客が急増すれば、震災で大きな被害を受けた東北地方の復興にもつながる。

 被災地以外でも数次ビザの効果に注目している自治体は少なくない。北海道の高橋はるみ知事は3月の道議会で北海道も対象に加えるよう国に要請する方針を表明している。ただ、数次ビザの要件緩和を進めすぎれば効果が薄まりかねないとの指摘もある。

 日本政府観光局(JNTO)の統計によると、日本を訪れた中国人は10年8月に17万人を超え、過去最高を記録した。その直後の9月に起きた尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件で落ち込み、大震災後の11年5月には6万人を割った。今年2月には8万3000人まで回復してきている。

2012年4月20日 00:47  カテゴリ:ニュース
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)

生活保護の不正受給が増加する理由は「ペナルティがないに等しい」から

以前、入国後間もない外国人の方が生活保護を申請するケースが大量に起きましたが、現在では、生活保護申請時に入国時の書類がチェックされる体制になっており、原則として入国後少なくとも1年間は生活保護を受給することができない仕組みになっています。この点、下記ニュースでは全く触れられていませんが、もっと報じられて良いように思います。とにかく生活保護問題に関しては、日本人・外国人うんぬん言う以前に、年金や最低賃金の金額水準が生活保護の金額水準より低いという、とんでもない逆転現象を最優先に解決すべきだと思います。それが本質的な解決につながります。自ずと不正受給も減ります。


生活保護の不正受給が増加する理由は「ペナルティがないに等しい」から
(2012年4月17日 週プレNEWS)

3月16日に参議院予算委員会で行なわれた、自民党・片山さつき議員の「生活保護費」に関する政府への追求は、現在もさまざまな場所で議論の対象となっている。

要点をまとめると、「生活保護を受けている日本人は、国民の約1.6%。それに対し、外国人受給者は有資格者の5.5%。日本人よりも外国人のほうが保護率が高いのはどうしてか」というもの。金額にすると、仮試算で1200億円弱が外国人の生活保護に支払われているという。

国民の税金で賄(まかな)われる生活保護だけに、一種の不公平感は拭えない。だが、全生活保護者のなかで外国人の占める割合は増加する一方だ。生活保護受給の相談を受ける機会の多い猪野亨弁護士は、こんな例を挙げる。

「2010年に中国人48名が入国と同時に生活保護を申請したことがあった。入国審査を通るには、生活費や学費を捻出できるのが第一条件。入国してから病気やケガをした場合は生活保護受給に問題ありませんが、先ほどの中国人のように、なかには意図的に生活保護を受けにくる外国人もいます。在留期間は1?3年で、その間、生活保護を受け続ける場合もあるからたまりません」

外国人ですら簡単に不正受給ができてしまう現在、日本人の不正受給も同様に増加している。これほど問題が多いのに歯止めがかからないのはなぜか。役所の姿勢にも問題があると、前出の猪瀬氏は指摘する。

「生活保護を担当する課は新人教育の場くらいにしか考えていない役所が多く、担当職員もモチベーションが低いので面倒事を嫌がるんですよ。一応は窓口の対応で不正受給を減らそうとしているのですが、申請に来た人が気弱なら、本当に保護が必要でも追い返してしまうこともあるし、逆に強面で強気でくる人には、すんなり受給させてしまうなんてことも現実にある」(猪野氏)

2007年には、交通費を改竄し続けた暴力団組員が、計2億円もの生活保護費を不正受給したという事件が大きな話題になった。しかし、告訴にまで至るケースは稀(まれ)だ。

「不正受給が発覚すれば、不正受給分の返還はもちろん、意図的に行なえば詐欺罪にもなる。ただ、役所と警察が面倒くさがるから、めったに告訴されないんですよ。だから、不正受給は増え続ける。ペナルティがないに等しいから『バレたら返せばいいや』くらいに考えているのでしょう」(猪野氏)

効果的な対策は無いのだろうか?

「不正を暴くには、まずは受給者の預貯金を役所が直接調べられるようにすること。ただ、銀行にとっては手間がかかるだけで、反対もしています。また、もし銀行の協力を得られたとしても、他人名義の預金など抜け穴もありますけどね」(猪野氏)(後略)

2012年4月18日 23:27  カテゴリ:ニュース
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)

帰化許可申請のてびき

私が帰化業務に取り組もうと思った時、先ず困ったのが関連書籍の少なさと、
一般的にはなかなか「帰化許可申請のてびき」を入手できないことでした。

「帰化許可申請のてびき」は、法務局に帰化の相談に行くともらうことができますが、
法務局の担当官から説明を受けることが前提となっているため、ホームページ等から
入手することはできません(残念ながら当サイトにアップすることもできません)。

お手数ですが、先ずは住所地を管轄する法務局にご相談下さい。
神奈川県にお住まいの方は、下記ページにて簡単に管轄法務局を探すことができます。
横浜地方法務局の管轄のご案内(国籍)

帰化許可申請のてびき

2012年4月16日 16:24  カテゴリ:帰化
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)

ビザ変更をして在留期間が短縮された場合の再入国許可について

2012年7月9日以降、日本出国から1年以内に日本へ戻る場合は、事前の再入国許可取得が不要となりますので、今後はあまり関係なくなる話なのですが、ビザの変更許可を受け、新たなビザ期限が従前のビザ期限より早くなった場合、それまで受けていた再入国許可についてはどうすれば良いでしょうか?

例えば日本人の配偶者ビザで在留されていた方が離婚をしたような場合、就労ビザや定住者ビザへ変更する方法が考えられますが、変更した場合、それまで3年ビザを持っていたとしても、往々にして1年ビザとなります。もしビザ期限まで2年程残している状態で変更許可を受けると、新たなビザは1年後に切れますが、再入国許可は2年程残っている状態になります。

日本人の配偶者時代に取得したものであっても、再入国許可自体は引き続き有効です(ビザを短期滞在に変更した場合を除きます)。新たに再入国許可を取り直す必要はないのですが、新たなビザ期限を超えて使用することは出来ません。この場合、入国管理局側で、再入国許可の有効期間について、新たなビザ期限に合わせて、書き換え処理(期間短縮)をすることになっています。もし入国管理局側で気付いて頂けない場合は、こちらから申し出れば、その場で書き換え処理をしてくれます。手数料は必要ありません。

2012年4月 2日 17:59  カテゴリ:再入国・みなし再入国
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)

国外退去は「妥当性を欠く」 洗濯機不法投棄のペルー国籍男性

国外退去は「妥当性を欠く」 洗濯機不法投棄のペルー国籍男性 東京地裁が処分取り消し命じる
(2012年3月28日 産経ニュース)

 壊れた洗濯機などを近所の空き地に捨て、罰金刑を受けたことを理由に国外退去を命じられたのは不当として、日系3世のペルー国籍の男性(31)が国に処分取り消しを求めた訴訟の判決が28日、東京地裁であった。定塚誠裁判長は「処分は著しく妥当性を欠く」として、請求を認めた。

 定塚裁判長は「ペルーでは壊れた家電を空き地に捨て、欲しい人が修理して使うのが一般的と認められる」との判断を示し、男性の不法投棄は「確定的な犯意があったとは言い難い」と指摘。強制退去命令は「裁量権の範囲を逸脱する」と認定した。

 判決によると、男性はペルー生まれで、平成12年に「定住者」の在留資格で来日。15年、同居する姉が住居そばの空き地に古い洗濯機や冷蔵庫を捨てるのを手伝ったとして廃棄物処理法違反罪に問われ、横浜簡裁で罰金20万円の略式命令を受けた。

 その後に在留期間の更新申請を行ったところ、東京入国管理局は「素行が善良」という在留要件を満たさないとして長期滞在を認めなかった。男性は不法残留となり、22年8月に強制退去処分を受けた。

01:30  カテゴリ:ニュース
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)


1  2

このページの先頭へ