image

2014年4月アーカイブ

1


在留カードの漢字氏名表記について

2012年7月に外国人登録制度が廃止され、在留管理制度が導入されました。
これに伴い、従来の外国人登録証明書から在留カードへ切り替わりましたが、
外国人登録証明書とは異なり、在留カードにおける氏名表記は、
ローマ字(英字、アルファベット)が原則となっています。

成田、羽田、中部、関西の各空港で新規上陸時に交付される在留カードには、
出身国に関わらず、ローマ字による氏名しか記載されず、
空港で漢字氏名を表記してもらうことはできません。
その結果、上陸後に市役所等で住民登録を行う際も、ローマ字氏名によることとなり、
住民票の氏名欄にはローマ字氏名が記載されることになります。
実印として登録できる印鑑もローマ字となります。
(印鑑登録に関する詳細は、市区町村役場へご確認をお願い致します)

しかしながら、中国、韓国、台湾等、漢字圏の方は、
日本で漢字氏名を使用したいという場合があると思います。
その場合は、以下2つの方法が考えられるかと思います。

1.住民登録において、"通称"として漢字氏名を登録する。
 通称は、住民票において、氏名欄とは別の通称欄に記載されます。
(在留カード上の氏名はローマ字表記のまま変わりません。カードに通称は記載されません)
2.在留カードにおいて、漢字氏名を追加表記する手続きを行う。
 手続きを行うことにより、在留カードにローマ字氏名と漢字氏名が併記されます。
 この結果、住民票の氏名欄もローマ字氏名と漢字氏名の併記となります。
(在留カードにおいて、漢字氏名のみを表記することは原則としてできません)

1の手続きはお住まいの市区町村役場で行ないます。
詳細は市区町村役場の住民課等、担当部署にお問合わせ下さい。

2の手続きは入国管理局で行なう必要があります。
漢字氏名表記に関する手続きは、ビザ更新申請やビザ変更申請を行う際、
在留カード漢字氏名表記申出」を行なうことによって、
漢字氏名が併記された在留カードを交付してもらえます。
この場合、ビザ更新や変更に伴う4,000円の手数料のみ必要となり、
漢字表記に関する別途の手数料は必要ありません。

ビザ更新や変更とは無関係に、漢字氏名表記の手続きのみ行ないたいという場合は、
やはり上記の在留カード漢字氏名表記申出を行うことにより、
漢字氏名が併記された在留カードを即日交付してもらえるようですが、
手数料として1,300円が必要となります(収入印紙で納付)。
この際、顔写真の堤出や、漢字氏名が記載されたパスポート等の提示が合わせて必要となります。

2014年4月23日 15:40  カテゴリ:ビザ・在留資格全般
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)

印紙税が少し変わりました

行政書士が業務上作成する受取書(領収書)は従前から非課税なので、
印紙税についてはあまり意識していなかったのですが、
この4月から少し変わったのですね。

これまで電車の定期券を購入した際、領収書を発行してもらうと、
200円の印紙が貼られていたものですが、昨日定期券を購入した際、
領収書を見ると何も貼られていないので、「おや?」と思い、初めて認識致しました。

平成26年4月1日以降、売上代金の受取書(領収書)に記載された金額が
5万円未満であるものは非課税になりました(従来は3万円未満が非課税)。
詳しくは国税庁ホームページをご参照下さい。

2014年4月22日 15:45  カテゴリ:日記
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)

東京入管へ

こんにちは、今日はこれから東京入管です。
この時期、相変わらず混んでいるだろうと思いますが、
実はこういう時こそ行政書士を活用してくださいね。

先週末は横浜入管で申請手続き、昨日、一昨日は横浜入管で許可手続き、
といった感じで、気づけばこれで4日連続入管です。

ご利用頂き、そしてホームページを訪問頂き、いつも有難うございます。

2014年4月 2日 13:33  カテゴリ:日記
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)


1

このページの先頭へ