image

2014年6月アーカイブ

1


改正入管法が成立=高度人材の優遇制度見直し他

高度人材の優遇制度に関する見直し等が盛り込まれた改正入管法が成立したようです。
高度人材として認定された方は、認定されてから3年で永住許可対象となります。
施行日は、一部の規定を除き、2015年(平成27年)4月1日です。
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri05_00007.html

高技能外国人、3年で永住権=改正入管法成立
(時事通信 2014年6月11日)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014061100058

 高度な技能を持つ外国人の日本定住を促進する改正出入国管理・難民認定法が11日午前の参院本会議で、与党や民主党などの賛成多数で可決、成立した。技術研究などに携わる外国人は、在留3年で無期限の在留資格を取得することができるようになる。優秀な外国人を呼び寄せて経済の活性化を図りたい考えだ。
 外国人が永住許可を得るのに必要な在留期間について、現行制度は原則10年と定めているが、技術研究や製品開発、企業経営に優れた「高度人材」と認定されれば、おおむね5年に短縮されている。この期間をさらに2年縮める。
 改正法には、出入国手続きを速やかに行える「自動化ゲート」を利用できる対象者の拡大や、日本に寄港するクルーズ船乗客向けの新たな上陸許可制度の創設も盛り込んでいる。

2014年6月11日 14:53  カテゴリ:高度人材
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)

天候も落ち着き

荒れ模様だったここ2、3日の空模様も落ち着いてきたようです。

本日は、現在ご依頼を頂戴している「永住者」「日本人の配偶者等」等の

各申請に関する書類を作成しながら、事務所で過ごしております。

ご質問・お問合わせ等ございましたら、メール・お電話でどうぞ。

2014年6月10日 12:14  カテゴリ:日記
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)


1

このページの先頭へ