image

出産・赤ちゃんの最近のブログ記事

1


赤ちゃんが生まれた場合のビザ(1)

外国人どうしのご夫婦に子供が生まれた場合のビザについてです。

まず始めに、ご夫婦どちらか一方が日本人である場合、お子様は日本国籍を有しますので、ビザの問題は発生しません。問題となるのは、ご夫婦とも外国人である場合です。

1. お父様お母様のビザが何であるか、2. どこで生まれたか(日本か海外か)によって、色々なパターンがありますが、比較的多いと思われる以下のパターンについて記載します。

  お父様(またはお母様):就労ビザ
  お母様(またはお父様):家族滞在ビザ
  出生場所:日本

この場合、生まれたお子様には「家族滞在」ビザが付与されます。但し自動的に付与される訳ではありません。入国管理局への在留資格取得許可申請を行う必要があります。期限は出生後30日以内。あっという間です。しかし、申請を怠ると不法滞在になってしまいますから、注意して下さいね。

  在留資格取得許可申請
  いつ?:出生後30日以内
  どこへ?:居住地を管轄する入国管理局

なお、生まれた場所が海外であっても、付与されるビザは「家族滞在」ですが、海外で生まれた場合は、在留資格認定証明書交付申請を行なって呼び寄せる必要があり、在留資格取得許可申請に比べて、手間と時間がかかります。

永住者に赤ちゃんが生まれた場合について、また後日記載します。(記:岡田秀道)

2011年10月11日 15:57  カテゴリ:出産・赤ちゃん
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)


1

このページの先頭へ