image

専門学校を選ぶ段階で注意して頂きたいこと

日本に留学し、専門学校を卒業して、日本で就職しようと考えている方へ!

専門学校を選ぶ段階で、絶対に注意して頂きたいことがあります!それは、その専門課程を修了すると「専門士」の称号を取得できるかどうかです。

専門士でなければ、「人文知識・国際業務」や「技術」等、学歴を要件とする就労ビザは取得することができません(10年以上実務経験があれば取得できますが・・・)。専門士でない時点でアウトです。いくら会社が採用してくれても、入管法上ダメなのです。ですので、専門士の称号が付与される課程であるかどうかは、非常に重要です。

「専門士」と称することができる課程であるかどうかについては、文部科学省によって予め指定されています。下記ご参照下さい。

専門士:文部科学省

(補足:外国の大学を卒業した方であれば、専門士の有無に関係なく、大学卒の学歴で就労ビザを取得することができます)

なお、学歴を要件としない就労ビザもありますが(「技能」「投資・経営」等)、例えば「技能」は職種が限定されている上、通常10年以上の実務経験を必要とします。「投資・経営」においては、学歴も実務経験も要件にはなっていませんが、経営能力の有無は審査されますし、500万円以上の資金と綿密な事業計画を必要とする等、取得のためのハードルが高くなっています。(岡田秀道)


在留ビザ、入管手続きに関するご相談・代行依頼は、「おかだ行政書士事務所」へどうぞ!
Tel:045-341-4367  e-mail:support@gs-okada.biz  または  メールフォームへお願いします



2011年8月 5日 16:04  カテゴリ:留学ビザ
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)

コメントする




« 外国人登録者数1.9%減、被災地域は8.5%減 | ホーム | 沖縄数次ビザ、1ヶ月で900件 »

このページの先頭へ