image
前の5件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15


依然として誤解が多い高度人材と永住申請の関係

高度人材優遇制度が始まった2012年当初から大変誤解の多かった点として、
永住申請との関係があります。

高度人材として認定された方は、在留5年で永住許可対象となることは、
良く知られているようなのですが、しばしば次のような問合せを受けます。

「私、就労ビザで日本に来て5年経ちました。今から高度人材を取得すれば
すぐ永住申請できますね!」

いいえ、これはできないのです。いや、永住申請自体はいつ行なっても構いませんし、
受付はしてもらえますが、まず許可されません。

在留5年で永住許可対象とは、"高度人材として認定されてから在留5年"
という意味ですので、くれぐれもお間違い無きよう。。

依然としてこの誤解は多いです。これだけ誤解が多い状況を見ますと、
入国管理局の表現が不十分と思わざるを得ないのですが。。
なお2014年3月11日の閣議決定によれば、一部の高度人材の方については、
5年の条件を3年に短縮する仕組みを創設する方向にあるようです。

2014年5月11日 18:40  カテゴリ:高度人材
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)

感謝

今日はほぼ一日中外出していたのですが(その間も事務所の電話は
携帯に転送していますので、いつでも対応することができます)、
外出用件の一つがパスポートの返却でした。

本日の返却先は東京都杉並区のお客様だったのですが、
いざ伺ってみると当事務所から1時間以上かかりました。
このお客様はこれまで何度か当事務所を訪問して下さっておりますが、
時間をかけてお越し下さっていたんだなーと改めて実感し、
感謝を新たにしております。

都内にも事務所の出張所のようなものを置くことができれば、
お客様にとってより便利になり、もっと色々貢献できるかも、などと思いました。
(サービス品質を下げないよう、無理の無い範囲で)

2014年5月 9日 18:29  カテゴリ:日記
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)

今日の横浜入管

GW明けは混んでいるだろうなーと思いつつ向かった横浜入管。
10時過ぎに到着。おや?人影まばら。。
申請カウンターの番号札を取る際、待ち人数を見ると、何とゼロ!
久しぶりに遭遇しました待ち人数ゼロ。当然すぐに呼ばれました。
うーん、入管の混み方って予想がつきません。。

許可手続きカウンターも混んでおらず、別件の許可手続きまで済ませ、
到着から1時間強で入管を後にすることができました。
お陰様でその後の仕事を余裕をもって進めることができました。

2014年5月 8日 16:35  カテゴリ:日記
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)

ご依頼者の国籍は様々

さて、明日の申請も準備万端整いました。

ご依頼者の方が協力的ですと、準備が順調に進みます。とても有り難いです。

お客さまの国籍は、やはり中国、韓国が多いですが、

アフリカ、中央アジア、西欧(イギリス、フランス等)の方からも時々ご依頼を頂きます。

明日は新規申請と、4月下旬に申請した案件の許可手続きを行う予定です。

2014年5月 7日 18:22  カテゴリ:日記
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)

外国で「和食の本場・日本で修業した板前」があまりいない理由

この記事では触れられていませんが、例えば教育機関で日本料理を学ぶことを
目的とする在留には、在留資格「留学」等を適用することはできますので、
「留学」の資格で日本料理学校に通いながら、日本料理店でアルバイトをするという
形は可能かと思います(但しアルバイトは週28時間が上限)。
しかし、店で本格的に修業することは、確かに難しいかと思います。
(無給を前提に、「文化活動」を適用できる余地はあるかもしれませんが。。)

外国で「和食の本場・日本で修業の板前」があまりいない理由
2014年5月6日 NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20140506_251759.html

 和食がユネスコの世界無形文化遺産に指定され、日本政府はクールジャパン推進項目に日本食や食文化も含めて海外展開しようと熱心だ。ところが、外国人が来日して日本食の修業をすることはほぼ不可能だという。それは、出入国管理法などの「おバカ規制」がはびこっているからだと政策工房社長の原英史氏が解説する。
 * * *
 海外旅行先で「ジャパニーズレストラン」と称する店に入り、がっかりした経験のある人は少なくないのではないか。実はこのインチキ和食にも、在留資格の問題が深く関わっている。
 どういうことか。
 まず日本にあるフレンチレストランやイタリアンレストランを考えてみると、ちょっとした有名店であれば「シェフが本場にわたり有名店で数年間修業」といったところは珍しくない。そうした店がまた国内において修業の場となる。そのため、日本人向けに独自のアレンジはされても、およそ本質に反する滅茶苦茶なフレンチやイタリアンはあまり出現しない。
 ところが、逆方向、つまり「外国人が本場日本で和食の修業をする」という例はあまり見られない。日本で修業したい外国人が少ないわけでは決してない。我が国の出入国管理法の規制で認められていなかったのである。(後略)

2014年5月 6日 22:34  カテゴリ:ニュース
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)


前の5件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

このページの先頭へ