image
前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11


事務所で夜食をつくりながら

2015年9月以降、とてもとても忙しい状態が長く続いていましたが、
昨日今日は少しほっとしています。

とは言っても、こういう時にこそやらなければいけないことはあるのですが、
何となく目をつぶりつつ。。

おかげさまで2015年にお受けした案件は、ほぼ全件許可を頂きました。

半分あきらめながらお越しになったお客様、弁護士からさじを投げられたお客様等々、
色々なお客様がいらっしゃいましたが、ポイントを出来るだけ正確に見極め、
入国管理局に真実が適確に伝わるよう努めたつもりです。

ポイントを押さえ、真実を適確に伝えさえすれば問題なく許可を頂けるところ、
それができていない場合が実際多いのです。
的外れであったり、立証資料が不足していたり、状況は様々です。

2016年2月 2日 19:02  カテゴリ:日記
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)

国外居住親族に係る扶養控除等の適用について

 平成27年度の税制改正により、所得税法等の一部が改正され、給与等又は公的年金等の源泉徴収及び給与等の年末調整において、非居住者である親族(以下「国外居住親族」といいます。)に係る扶養控除、配偶者控除、障害者控除又は配偶者特別控除(以下「扶養控除等」といいます。)の適用を受ける居住者は、その国外居住親族に係る「親族関係書類」や「送金関係書類」(これらの書類が外国語で作成されている場合には、その翻訳文を含みます。)を源泉徴収義務者に提出し、又は提示しなければならないこととされました。

詳細は以下ファイル他、国税庁ホームページをご参照下さい。

2015年11月23日 04:31  カテゴリ:ニュース
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)

今日このごろ

一体いつ以来の記事でしょう;

お盆は結局ずっと仕事でしたが、それでは精神的にもたないので、

さくっと横浜駅そばのスカイスパに行ってきました。

スチームサウナで、ふぅぅぅー♪ あー。昔から結構お気に入りです。

ちょっとした空き時間で疲れを癒せる場所として時々利用しています。

今年は一度も海辺でゆっくりしていないので、

半日でもいいので近隣の海浜公園で日光浴しようと、

スケジュールをにらみながら、今、虎視眈々と狙っています(笑)

2015年8月17日 23:41  カテゴリ:日記
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)

帰宅困難

着々と近付いてくる台風を前に、早く帰りたかったのですが、
どうしても仕事が終わらず、この時間に(22時半)。
気付けば外は暴風雨の真っ只中。温帯低気圧に変わったようですが、いまだに勢力を保っています。
最寄り駅からのバスも終わってしまったし、今日はもう帰れません;

2015年5月12日 22:35  カテゴリ:日記
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)

同性婚配偶者の在留資格について

福島みずほ氏によるBLOGOS記事です。同性婚配偶者の在留資格に関する認識は当方持っておりませんでした。「特定活動」が適用されるようです。なお法務省通知によると、全件、本省進達(地方入国管理局で最終判断しない)となるようで、審査に時間はかかる模様です。

同性婚配偶者の在留資格について
(2015年2月9日 BLOGOS)

同性婚を認めている国で結婚した者が日本にくる場合に、配偶者の在留資格はどうなるか。法務省入管局に聞きました。

1.外国政府の大使、公使、総領事、代表団構成員等及びその家族は、在留資格は「外交」になります。日本において行うことができる活動は、「日本国政府が接受する外国政府の外交使節団若しくは領事機関の構成員,条約若しくは国際慣行により外交使節と同様の特権及び免除を受ける者又はこれらの者と同一の世帯に属する家族の構成員としての活動」です。

2.外国政府の大使館・領事館の職員、国際機関等から公の用務で派遣される者等及びその家族は、在留資格は「公用」で、日本において行うことができる活動は、「日本国政府の承認した外国政府若しくは国際機関の公務に従事する者又はその者と同一の世帯に属する家族の構成員としての活動(この表の外交の項に掲げる活動を除く。)」です。

「外交」と「公用」は、本国で「家族の構成員」として認められていれば、その旨の申請があり、それによって、日本で在留資格が認められます。

3.それでは、一般の人はどうでしょうか、「特定活動」という在留資格で認められることになります。日本において行うことができる活動は、「法務大臣が個々の外国人について特に指定する活動」です。

同性婚を認める国が増加するなかで、日本に働きに来る外国人のなかで、配偶者を連れてきたいという人が増え、必要があることから、25年9月に通知が出ました。この1年半で10例ほどが認められています。

 通知は次のようなものです。

----------------------------------------------------------

法務省管在第5357号
平成25年10月18日
地方入国管理局長殿
地方入国管理局支局長殿

法務省入国管理局入国在留課長 石岡邦章

  同性婚の配偶者に対する入国・在留審査について(通知)

 在留資格「家族滞在」,「永住者の配偶者等」等にいう「配偶者」は,我が国の婚姻に関する法令においても有効なものとして取り扱われる婚姻の配偶者であり,外国で有効に成立した婚姻であっても同性婚による配偶者は含まれないところ,本年5月にフランスで「同性婚法」が施行されるなどの近時の諸外国における同性婚に係る法整備の実情等を踏まえ,また,本国で同性婚をしている者について,その者が本国と同様に我が国においても安定的に生活できるよう人道的観点から配慮し,今般,同性婚による配偶者については,原則として,在留資格「特定活動」により入国・在留を認めることとしました。

 ついては,本国で有効に成立している同性婚の配偶者から,本邦において,その配偶者との同居及び扶養を受けて在留することを希望して「特定活動」の在留資格への変更許可申請がなされた場合は,専決により処分することなく,人道的観点から配慮すべき事情があるとして,意見を付して本省あて請訓願います。

 なお,管下出張所長へは,貴職から通知願います。
(通知終わり)
----------------------------------------------------------

 日本は、同性婚を認めておらず、ビザが出ないので、日本で働くことはあきらめようと考え、他国に行く人がいるという話を聞いたことがあります。

 しかし、この「特定活動」の在留資格があることを広報し、使っていただきたいと思います。

 もちろん、日本も同性婚を認めていくべきではないでしょうか。議論をしていきたいと思います。

2015年2月12日 09:12  カテゴリ:特定活動ビザ
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)


前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

このページの先頭へ