image

日本人との「同性婚」が海外で認められた外国人パートナーに在留資格...政府検討

少しずつ動きがあるようですが、現状においては以下の2点がポイントでありましょう。

1.同性婚が認められている外国で日本人と結婚した外国人同性パートナーが対象であること。
 (既に外国で結婚していることが前提)
2.在留資格「日本人の配偶者等」が付与されるわけではないこと。
 (日本法上の婚姻関係を認めるわけではない)
  従い、就労制限等があり得ること(詳細不明)。

https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210517-OYT1T50110/


【独自】日本人との「同性婚」が海外で認められた外国人パートナーに在留資格...政府検討
5/17(月) 15:00

 政府は、同性婚が認められている外国で日本人と結婚した外国人同性パートナーに、日本での在留資格を認める方向で検討に入った。日本人が帰国した場合、パートナーに「特定活動」の在留資格を付与することを検討している。同性婚を認める国が増え、運用改善を求める声が出ていた。

 出入国管理法では、日本人と結婚した異性の相手は「日本人の配偶者等」の在留資格で国内に居住できる。一方、日本では同性婚は認められておらず、外国で結婚しても「配偶者」の在留資格は与えられない。パートナーが日本に居住するには、ビジネス分野などの別の在留資格が必要になる。

 政府は同法の運用を変更し、婚姻関係を証明する外国の公的文書などがあれば、「特定活動」を適用する方向だ。ただし、日本の法律上の婚姻関係を認めるわけではない。「特定活動」は、法相が個別に活動内容を判断して在留を認める資格で、「ワーキングホリデー」などが該当する。

 一方、外国籍同士の同性カップルは、双方の本国で同性婚が有効なら、いずれかがビジネス分野などの在留資格を持つ場合、パートナーに「特定活動」の在留資格が付与される。法務省が2013年、「本国と同様に安定的に生活できるように」と認める通達を出した。出入国在留管理庁によると、通達以降、20年までに93件の付与例があった。

 法務省によると、日本人と外国人のカップルにも認めるよう要望が同省に寄せられ、在留が認められなかった同性カップルが国を提訴した例もある。NPO法人「EMA日本」(東京)によると、同性婚を認める国は20年5月現在、米英など欧米を中心に約30か国で、増加傾向にある。


在留ビザ、入管手続きに関するご相談・代行依頼は、「おかだ行政書士事務所」へどうぞ!
Tel:045-341-4367  e-mail:support@gs-okada.biz  または  メールフォームへお願いします



2021年5月17日 18:13  カテゴリ:ニュース
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)

« 緊急事態宣言下における「日本人の配偶者」等の新規入国について | ホーム

このページの先頭へ