image

東京入管の最近のブログ記事

1


今日の動き

東京入管(品川)での申請を終え、11時には事務所(横浜)に戻ってきました。

受付の進み方がとても速く、9時40分時点で既に番号札100番を超えていました。

東京入管では、番号を呼び出して5秒程度の間に誰も来ない場合、
すぐに次の番号を呼び出します。横浜入管の場合は、1分間程、何度か呼び出しがありますが、
忙しい東京入管ではそのようなことはしていられないのでしょう。

当方は113番でしたが、9時50分過ぎに申請完了しました。
通常、東京入管で1時間に受付される人数は60人から80人だと思いますので、
今日は随分早かったように思います。

予想以上に早く終えることができ、しばしゆったりとした気持ちでいます (^^)

2016年7月11日 11:35  カテゴリ:東京入管
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)

今日の東京入管

さてさて、また書いておきます、東京入管の待ち時間。

本日は5月1日(木)。GW中の平日は混むのがお決まりですが、
3日続く平日の真中なので混雑度はやや低めだったかもしれません。

【就労相談カウンター(C5カウンター)】
定型の受付を行うカウンターではないので、番号がどんどん進んだり、
パタッと止まったまま動かなかったりで一定しません。
平均すれば1時間に25番程度の進み具合でした。

【変更・更新申請カウンター(Bカウンター)】
午前中は進み方が速く、1時間に80番程進んでいました。
午後に入ると鈍り、1時間に50番程だったかと思います。
なお、昼頃には番号札をもらうための列が非常に長くなり、
番号札をもらうだけで1時間程かかっていたようです。

出国準備からの申請を行う場合等、
C5からBへはしごする必要がある場合は、やはり朝一に行って、
C5の番号札を取り、Bの番号札をもらう列に並ぶという手順がベストかなぁ
などと考えています。そしてBの番号札をもらう頃には、C5の順番が近づき、
C5が終われば、そろそろBの順番が来る ... うまくいけば、ですが。
順番がうまくいきませんと、大いに時間をロスします。

2014年5月 1日 18:08  カテゴリ:東京入管
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)

東京入管の待ち時間

ハイシーズン(3月-5月)を迎え、東京入管は非常に混んでいます。
他の入管も混んでいるとは思いますが、訪れる人数の多さは
やはり東京入管が群を抜いています。

この1週間で3回東京入管に行く機会がありましたので、
備忘録として状況をメモしておきます。
全てBカウンター(変更、更新、永住等の申請)でのものです。

3月7日(金)
入管到着:9時30分頃
番号札受領:10時00分頃、142番
番号札受領時点で受付していた番号:40番前後 → 約100人待ち
窓口処理スピード:約40人/1時間(9時から10時の1時間で約40番進んだことから)

3月10日(月)
入管到着:15時30分頃
番号札受領:15時45分頃、711番
番号札受領時点で受付していた番号:380番前後 → 約330人待ち
窓口処理スピード:約55人/1時間(9時から15時45分までに約380番進んだことから)

3月11日(火)
入管到着:8時30分頃(この時点で40人程が番号札を求めて順番待ち)
番号札発行開始:8時35分頃
番号札受領:8時50分頃、38番 → 38人待ち
自分の番号が呼ばれた時間:9時30分頃
窓口処理スピード:約75人/1時間(9時からの30分間で38番進んだことから)

窓口の処理スピードとしては概ね上記の状況でした。かなり変動があります。
なお、受付終了時間である16時を過ぎて、まだ数百人も残っているような場合、
受付窓口をフル稼働させ、1時間に100人程処理することもあるようです。
(あきらめて帰ってしまう人も一定数含まれていると思いますが)

2014年3月11日 12:10  カテゴリ:東京入管
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)


1

このページの先頭へ