image

沖縄数次査証(マルチビザ)について

本年7月1日より、中国人の個人観光客向けに数次査証(マルチビザ)の発給が始まっていますが(関連記事:中国人観光客に数次査証 沖縄訪問が条件)、幾つかの総領事館が簡単な発表を行なっています。

上海総領事館:沖縄数次査証(個人観光)について
http://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/apply/maruchi.html (日本語)
http://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/cn/apply/duoci.html (中文)

広州総領事館:沖縄を訪問する中国人個人観光客に対する数次査証について
http://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/visa/doc/visa110609.htm (日本語)
http://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/cgjp_cn/visa/doc/visa110609.htm (中文)

これ以上の情報については、お手数ですが、現地の指定旅行社にお問合せをお願い致します。指定旅行社については、在中国大使館、総領事館、駐在官事務所それぞれのホームページ内に記載がありますのでご参照下さい。

なお、沖縄数次査証は、1回目の訪日旅行日程に沖縄を含むことが条件ですが、日本滞在中、いずれかの時に沖縄に1泊以上すればよく、宿泊は日本入国時でも帰国時でも期途中でも構いません。また2回目以降は、沖縄に立ち寄る必要はありません。


[参考] お客様経由領事館情報(2012年9月10日)
既に1年間有効の数次査証等を有している方が、沖縄数次査証(有効期間3年)を取得する場合は、
現在有している査証を一旦破棄して、新たに沖縄数次査証を取り直す必要がある。
1年査証等を有している人が沖縄経由の旅行をすれば、沖縄数次査証に変更できるわけではない。

在留ビザ、入管手続きに関するご相談は、横浜「おかだ行政書士事務所」へどうぞ!
Tel:045-341-4367  e-mail:support@gs-okada.biz  または  メールフォームへお願いします



2011年11月14日 15:59  カテゴリ:ビザ・在留資格全般
就労ビザ・配偶者ビザ・永住  おかだ行政書士事務所  (Immigration Lawyer, Okada Office)

コメントする




« タイ洪水に係る日系企業のタイ人従業員の受入れについて | ホーム | 今日も横浜入管へ »

このページの先頭へ