image

ビザ更新・変更申請中に一時出国できる?

先ず初めに結論を言えば、ビザ更新・変更申請中でも一時出国することができます。
入管法上は、申請時と許可手続き時に、日本に滞在していれば良いからです。
審査中に一時出国することは可能であり、合法です。
ビザ期限までに日本へ戻り、更新・変更の許可手続きを受けて下さい。

では、審査中にビザ期限を経過した場合はどうでしょうか?
元々のビザ期限を過ぎてしまった場合でも、審査中であれば、一時出国することができます。
但し、1回のみに限定されます。何度も出入国することはできません。
1回に限り出入国することができますが、必ず元々のビザ期限から2ヶ月以内に日本へ戻り、
ビザ更新・変更許可手続きを行なって下さい(お知らせハガキで指定された書類を持って
入管へ出頭し、在留カードを受領)。
元々の在留期限から2ヶ月以内に手続きを行わなければ、ビザは失効します。
必ず戻ってきて下さい。

なお、一時出国する場合、元々のビザ期限を経過した後でも、「みなし再入国制度」を
利用することができます。事前に再入国許可を取得する必要はありません。
再入国出国記録(下図)の該当欄にチェックチェックを入れ、出国して下さい。

再入国出国記録

以上のように、ビザ更新・変更審査中でも一時出国することはできますが、
審査中に追加書類の提出を求められたり、出頭を求められたりすることもあり得ます。
ビザ更新・変更申請中は、できるだけ出国しない、やむを得ず出国する場合でも
数日間に留めることをお勧めいたします。

【ご注意下さい】
短期滞在ビザ(観光、親族訪問、商用)はそもそも再入国制度の対象外です。
更新・変更の申請中であってもなくても、滞在期限前でも後でも、
短期滞在の資格で滞在する方が一時出国することはできません。



このエントリーをはてなブックマークに追加




このページの先頭へ