image

在留資格取得許可申請(赤ちゃんが生まれた時)

在留資格取得許可申請は、入管法上の上陸手続を経ることなく日本に在留することとなる外国人が対象となる申請です。例えば。。

  • 赤ちゃんが生まれた場合(新生児)
  • 日本国籍を離脱・喪失した場合
  • 日米地位協定(SOFA)上の身分で在日米軍基地等に在留していた軍人が退役し、
    引き続き日本に在留を希望する場合

ここでは最も一般的な「赤ちゃんが生まれた場合(新生児)」について記載致します。

日本は生地主義を採用していないため、日本で生まれたというだけで日本国籍を取得することはありません。外国人のお父さんと外国人のお母さんの間に生まれた子供は、やはり外国人ということになります。ですので、たとえ赤ちゃんといえども、在留資格の手続きをしなければ、日本に居続けることができません。

在留資格取得許可申請は、出生後30日以内に行う必要があります。たった30日です。あっという間に過ぎてしまいますので、生まれる前から、手続きについて意識しておく必要があると思います。手続きの流れを下記致しますのでご参照下さい。

1. 出生

2. 区市町村役所で出生届(出生から14日以内)
 【重要】「出生届受理証明書」と「新生児を含む世帯全員の住民票」を取得して下さい。

3. 子供の国籍国の駐日大使館・領事館で出生届、パスポート手続き
 (在留資格取得許可申請の後でも大丈夫です)

4. 在留資格取得許可申請(出生から30日以内)
  上記3が済んでいなくても申請することができます。
  申請書の旅券番号欄は、状況に応じて「申請中」「申請予定」等と記載して下さい。

申請期限出生した日から30日以内
申請先住居地を管轄する入国管理局
手数料無料
必要書類
【就労ビザで在留している方にお子様が生まれた場合】
(在留資格は「家族滞在」となります)

在留資格取得許可申請書(16歳未満の場合、写真は不要)→記載例
・出生証明書又は出生届受理証明書
・新生児を含む世帯全員が記載された住民票(父母の在留資格等を全て記載)
質問書
・子供のパスポート原本(ある場合のみ)[提示]
・扶養者のパスポートコピー、在留カードコピー
・扶養者の在職証明書
・扶養者の住民税課税証明書、納税証明書
・その他(必要に応じて当局が提出を求める書類等)

標準処理時間在留資格の取得の事由が生じた日から60日以内
(即日処理となることもあります)

申請書の署名欄には、実際に申請に行くお父さんかお母さんが署名をして下さい。なお、申請が出生から60日を超えてしまいますと、オーバースティとして取り扱われ、出張所では申請を受け付けてもらえず、本局にて特別な手続きを踏まなければならなくなることがあります。

【参考1】
両親のいずれかが永住者である場合は、生まれた子供も永住者になります。この場合は、在留資格取得許可申請書ではなく永住許可申請書を提出します。なお、30日の申請期間を1日でも過ぎますと、永住許可申請を受け付けてもらえませんのでご注意下さい(30日を経過してしまった場合、永住者ではなく「永住者の配偶者等」が付与されるようです)。

【参考2】
父親がオーバースティ等で、有効なパスポートや在留カードを所持していないというケースが時々あります。このような場合でも、母子関係さえ立証できれば、父親に関する書類が無くても、子供の在留資格は付与されます。また両親が未婚(内縁)であっても大丈夫です。

ACQUISITION of STATUS of RESIDENCE (for baby born in Japan)

1. Application form
2. Questionnaire
3. Letter of Guarantee
4. Birth Certificate or Certificate of Acceptance of Birth Report
(Shussei Shomeisho or Shussei-todoke-juri-shomeisho)
5. Baby's passport (if any)
6. Certificate of Residence covering parents and baby
7. Other documents may be required by the officer

法務省入国管理局サイトから申請書様式をダウンロードすることができます。




このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ